【感想】お家で運動できるVR音ゲー「Beat Saber」【PS4】

先日、PS Storeで「Beat Saber」という音ゲーを買いました。

PS4メニュー(「Beat Saber」詳細)

このゲーム、家で運動するのに最適なんですよ。

運動できるゲームと言えばSwitchの「リングフィットアドベンチャー」が有名で、この記事を執筆している現在も品薄が続いていますねー。

でもこの「Beat Saber」(をやるための環境構築)はそれほど入手が困難ではないので、PS4を持っていて家で運動したい!という人にうってつけです。

コロナの影響で、外で運動するのはちょっと抵抗がありますからね。
家で運動できるゲームの存在はありがたい限りです。

もちろん(私のような)純粋な音ゲーファンでも全然楽しめる内容なのでご心配なく。

そこで今回は、音ゲー大好きな私が「Beat Saber」の解説実際にやってみて感じたことなどを書いていきますよー(^O^)/





PS4で楽しく運動できるソフト「Beat Saber」

Beat Saber – Gameplay Trailer | PS VR

上の動画からも分かるように、本作は2本のライトセーバー(?)を使い、音楽に合わせてキューブを切っていく音ゲーです。

元々はPC用ゲームとして発売されていましたが、2019年3月7日にPS VR用ゲームとしても発売されました。

どこで買えるの?パッケージ版は?いくら?

PS4版「Beat Saber」は、PS Store専売となっています。

そのため、(2020年8月現在は)パッケージ版は発売されていません。

PS Storeでの価格は3,200円です。

ちなみに必要HDD容量はわずか1.6GBくらいです。

プレイに必要なもの

本作を遊ぶために必要なものは以下の通り。

必要なもの
  1. PS4本体
  2. PS4ソフト「Beat Saber」
  3. PS VR
  4. PS Moveコントローラー2本
  5. PS Camera
  6. 遊ぶのに充分なスペース(六畳くらい)

PS4本体を持っていない場合、これらを全て揃えるとなると約75,000円かかります(”Д”)

が、PC版を一から揃えるよりはだいぶ安いはずです。

しかもPS4版の場合、上記2~5がセットになっている下のような超お得セットがあります!

↑この「PlayStation VR MEGA PACK」の素晴らしい所は、「Beat Saber」以外にも4本のソフトが同梱されている点。

特に「バイオ7」が入っているのがデカいです。

誤解されるかもしれませんが、VR用の「バイオ7」ではなく、ちゃんと普通のコントローラーでも遊べる「バイオ7」が同梱されています。
(VR用の「バイオ7」なんて最初からありませんけどね(^^;)

しかも全DLC入りでグロいバージョンの方ですからね。

ちなみに同梱ソフトは「Beat Saber」以外、全てパッケージ版です。

話が脱線しましたが、

  • 「Beat Saber」をやりたい!
  • 既にPS4を持っている
  • PS VRは未所持

という人は、上の「PlayStation VR MEGA PACK」以外の選択肢はありませんw

その他、

  • PS VRは無いが、PS Moveコントローラーを1個(または2個)だけ持っている

など、とにかくPS VRを未所持で「Beat Saber」をやりたい人は、「PlayStation VR MEGA PACK」を買った方が絶対お得です。

ただし逆にPS VRを既に持っていて「Beat Saber」をやりたい人は、PS Moveコントローラーと「Beat Saber」を別々に買った方が安上がりです。

あと、PS3用のPS Moveコントローラーでも問題なく出来ますからね。
(でも念のため、事前にPS4とペアリングしてちゃんと動くか確認してみましょう)

実際に「Beat Saber」をやってみた

Beat Saberプレイ画面

さあここからは、私が実際に「Beat Saber」をやってみた感想やら何やらを書いていきますよ。

実は私、「Beat Saber」のためにPS Moveコントローラーを追加でもう1本買いました!(VRは既に持っていたので(^_^))

PS Moveコン(PS4)

「でもソフトはPS Storeでセールやるまで買うの控えようかな~」

とか思っていたのですが、最近コロナのせいで本当に運動不足だったので、思い切って買っちゃいました!

PS4メニュー(「Beat Saber」)

結果、買ってよかったです。

超楽しい!!

もともと音ゲー好きな私ですが、それを差し引いても面白いです。

大きく体を動かすので運動不足解消になるだけでなく、外出自粛のせいで溜まっていたストレスの解消にもなります。

では次から、「Beat Saber」の良い点・悪い点を書いていきますよ~。

〇収録曲については文句なし

音ゲーは収録曲が命です。

どんな曲がどれだけラインアップされているのかで、その音ゲーの良し悪しが決まります。

で本作はどうかというと、全く問題ないです。

むしろ個人的には大満足!

全体的にハードコア系が多く、カッコイイ曲ばかりです。

しかもそんな曲に合わせてVR上でライトセーバーをブンブン振り回すのですから、恍惚感がヤバいヤバい。

というかライトセーバー(実際はMoveコンですけど)をブンブンするだけで楽しいですからね。男の夢じゃないですか。
これをやれば皆ジ〇ダイの騎士になれますよw

プレイ動画もどうぞー↓
(ただしVRでやっているのをそのまま録画しているため、画面揺れが激しいです。3D酔いにご注意を。あとちょっと音割れしてしまいましたm(__)m)

『Beat Saber』プレイ動画

↑これはその名も『Beat Saber』という曲なのですが、めっちゃカッコイイですよね!

でも上のプレイ動画だけでは、本作の面白さの半分も伝えられません。

やっぱり実際に体を動かしてこそのゲームですからね。

収録曲数は32曲+DLC

さて本作の初期収録曲数はというと、32曲です。

ソフトが3,200円なので、ちょうど1曲100円の計算ですねw

この他、DLCを買えばどんどん曲は増やせます。

2020年5月現在は下記のDLCが発売されています。

発売日 曲名 価格 セット価格
2019/07/30 Bad Liar 219円
Imagine Dragons Music Pack:
1,426円
2019/07/30 Believer 219円
2019/07/30 Digital 219円
2019/07/30 It’s Time 219円
2019/07/30 Machine 219円
2019/07/30 Natural 219円
2019/07/30 Radioactive 219円
2019/07/30 Thunder 219円
2019/07/30 Warriors 219円
2019/07/30 Whatever It Takes 219円
2019/07/30 Boundless 219円
Monstercat Music Pack Vol.1:
1,426円
2019/07/30 Emoji VIP 219円
2019/07/30 Epic 219円
2019/07/30 Feeling Stronger 219円
2019/07/30 Overkill 219円
2019/07/30 Rattlesnake 219円
2019/07/30 Stronger(feat. Emel) 219円
2019/07/30 This Time 219円
2019/07/30 Till It’s Over 219円
2019/07/30 We Won’t Be Alone 219円
2019/11/05 The Greatest Show 219円
Panic! At The Disco Music Pack:
767円
2019/11/05 Victorious 219円
2019/11/05 Emperor’s New Clothes 219円
2019/11/05 High Hopes 219円

それぞれ単品でも買えますが、セットで買った方がかなりお得ですね。

上の表を見ればお分かりかと思いますが、本作には

  • Jポップ
  • 耳馴染みのある曲

などは収録されていません。

また、ちょっと曲のジャンルが偏ってるかなーという印象を受けました。

上で載せた動画で流れているような曲調の曲が多いです。

個人的には好きな曲が多かったので満足していますが、「太鼓の達人」のようなキャッチーな感じの曲は少ないです。

そこら辺はご留意を。

ここからは音ゲーマー向け情報になりますが、本作には何とかめりあさんの曲が6曲収録されています。

しかもフル尺で!

かめりあパック

例の如く鬼ムズですが(笑)、私はこれだけでも買ってよかったと思いました。 

でも1曲5分とかあるので、高難易度のものは未だに未プレイですw

あと、難易度は全ての曲に5段階設定されています。

一番難しいExpert+はキューブがものすごい速さで飛んできて、運動量もハンパないです。

ずっとやってると死ぬのでご注意をw

〇運動量がハンパない

この「Beat Saber」というゲームは、立った状態で2本のMoveコントローラーをブンブン振り回して遊びます。

だけでなく、上の動画でも確認できますが、時々プレイヤーに向かって壁が迫ってきます。

右から来る壁

壁に当たるとミスになるので、避けながらキューブを切らなければいけません。

上からくる壁

↑たまに上からもくるので、その時はしゃがんだ状態でキューブを切ります。

結果、すんごい疲れますw

でもダイエットに最適だし、「なんかすごい良い汗かいたー!」と満足感に浸れます。

特に運動量がヤバいのが、『FitBeat』という曲。

「ライト、レフト」などの掛け声(?)とともに、プレイヤー自身もその通りの動きを強いられます。

『FitBeat』プレイ動画

まるで一昔前に流行った「ビリーズブートキャンプ」のような感じです。(やったことないけど)

でも、この時期に家でこれだけ運動できるのは逆に有難いですよね。

〇ロード時間が皆無

全てのゲームにおいて気になるロード時間についてです。

本作は、ロード時間がとてつもなく短い!

いや、むしろロード時間なんてありませんw

参考に、選曲画面からプレイ開始するまでの動画をどうぞ。

Beat Saberのロード時間

特に「曲決定→プレイ開始」までが短すぎて、逆にテンパるくらいです。
(「Ready,Go!」くらいは欲しかったかも)

×Moveコンにやや不満あり

ここからは「Beat Saber」に対する不満点を書いていきます。

まず最初は、PS Moveコントローラーについてです。

「Beat Saber」そのものに対しての不満ではないのですが、Moveコンがたまに反応しなくなったり、位置がズレたりします。

調べてみると、どうやらOculus RiftなどのPC用VRだと、その様な事はないみたいです。

PS Moveは光球が一つしかないのが問題のようですね。

そのせいで、あまり精密に動きを感知しないのだと思います。

せっかくノリノリでライトセーバーを振り回してるのに、反応しなくなってしまうと一気に興ざめしてしまいます。

まあ、そんなに頻繁には起きませんけどね。

あと部屋の明るさ等にも影響されるので、

  • 明るすぎず暗すぎず
  • カメラから2~3m離れて
  • 上下左右に腕をめいっぱい広げてもMoveコンがカメラにおさまる位置

を確保しましょう。

×ローカライズされていない

本作は国産のゲームではありません。

そのせいか、ゲーム中は常に英語で、日本語の個所がありませんw

英語だらけのメニュー

基本はリズムに乗ってキューブを切っていくだけなのでそれほど困りませんが、不親切と言えば不親切です。

日本語がないと何となく不安にもなりますしね(^^;

×狭い部屋だと出来ない

本作は2本のPS Moveコントローラーを振り回すゲームなので、それなりに広い空間が必要です。

参考までに私の部屋は六畳なのですが、それでも激しく振り回すと壁やタンスに手(というかMoveコントローラー)が当たってしまいます。

まあそれでも楽しくプレイできているんですけどね。

先ほども書きましたが、PS Cameraから2mほど離れて、かつ手を上下左右めいっぱい広げても壁などに当たらないスペースが確保できれば問題ないです。

今だからこそやりたいVR音ゲー!

外出自粛中の今だからこそ、家で楽しく運動できるゲームの存在は有難いです。

家の中でただ体操をやるのは飽きちゃいますけど、ゲームなら時間を忘れて没頭できますからね。

私は運動不足だったので、この「Beat Saber」を初めてやった次の日はめっちゃ筋肉痛になりましたw

でも同時に、最近味わったことのない体の軽さも感じました。

普段から全く運動しない私は、

「ああ、体を動かすってこんなに楽しいんだ」

と、ちょっと感動すらしました(^_^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました