PowerDVDでYouTubeを保存!【ピン留め機能】

PowerDVDは「14」から、YouTubeをオフライン再生できる機能が加わりました。

YouTubeオフライン再生

これ、「ピン留め機能」というやつなのですが、一体どういう仕組みなのか気になりますよね。

なので、おそらく皆さんが疑問に思っているであろうことを、最初に答えてしまいます。

Q.YouTube動画を保存できるってこと?
A.そういうこと。

Q.簡単にできるの?
A.めっちゃ簡単。

Q.ダウンロードとは違うの?
A.ちょっと違う。

詳しくは次から解説していくので、気になる人は読み進めてみてくださいね。

ちなみに私は先日、「PowerDVD 20 Pro 乗換え・アップグレード版」を買って、実際にピン留め機能もやってみましたよ。

PowerDVD 20 Pro 乗換え・アップグレード版

↑今は最新の「21」が発売中です。

スクショとかを載せて、なるべく分かりやすく書いていくのでご参考にどうぞ(^_^)





PowerDVDは、YouTubeを保存してオフラインで再生できる!

新しい YouTube 視聴体験(CyberLink公式)

先ほど書いたように、PowerDVDを使えば、お気に入りのYouTube動画をPCに保存して、オフライン再生ができるようになります。

【かんたん】ピン留めするだけ

やり方は超簡単で、PowerDVD上で保存したいYouTube動画を見つけ、がびょうマークをクリックするだけ。
(下の動画は全て私が作成したものです)

ピン留め

そして、解像度を選択します。

ピン留め動画(解像度選択)

今回はフルHDで保存しますが、その分PCの容量を圧迫するので、ここら辺はストレージの空き容量と相談ですね。

その後PCへの保存が始まりますが、動画容量が大きいほど長い待ち時間が発生します。
他の事をやりながら気長に待ちましょう^^
(約10分の動画で試してみたところ、5分ほどで完了しました)

無事に保存が完了すると、ピン留め動画リスト内に先ほどピン留めした動画が並びます。

ピン留め動画リスト

↑で、この動画をダブルクリックすればオフライン再生が始まる、というワケです。

めっちゃ簡単ですよね!

YouTubeをピン留めするメリット

「YouTubeのページでも観れるのに、わざわざピン留めする意味あるの?」

と思われる人もいるかもしれませんが、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 広告が出ない
  • 回線速度に左右されず、高速にアクセスできる
  • PowerDVDの各種機能(コマ送りなど)が使えるようになる
  • PowerDVDの映像・音声設定(TrueTheaterなど)で視聴できる

広告が出ない

動画 再生・視聴 ノートパソコン

YouTubeを観るうえでの最大のネックは、冒頭や合間に挟まれる広告。

正直、ジャマですよね。

でもピン留めした動画は、再生しても広告が出ません。

というかPowerDVD上でYouTubeを観れば、なぜかピン留めしなくても広告が出ません。

これ、Googleさんからお叱りを受けそうな仕様ですけど大丈夫なんですかね(^^;

まあでも、2021年5月現在は普通に再生できているので、大丈夫なんでしょう!たぶん!

回線速度に左右されず、高速にアクセスできる

パソコンを使う人のイラスト

YouTube自体サクサク動きますけど、たまーに読み込みが遅くなることもあるじゃないですか。

でもピン留めしてしまえばサッと再生できますし、再生バーを動かしても読み込みマークがグルグルすることもありません。

広告が出ないことも相まって、非常に快適に視聴ができます。

PowerDVDの各種機能が使えるようになる

いろいろな再生ボタンのイラスト

個人的にこれが1番のメリットだと思っているのですが、ピン留めすれば、以下のようなことが可能になります。

  • コマ送り/コマ戻し
  • 早送り/巻き戻し
  • ズーム

もちろん、上記の機能に魅力を感じない人もいるかと思いますが、必要な人にはめっちゃ必要です。

何に使うのかはさておき(笑)、とにかく、通常YouTubeではできないようなコマ送りなどができる、ということです。

PowerDVDの映像・音声設定で視聴できる

TrueTheater Color(CyberLink公式)

PowerDVDには「TrueTheater」という映像技術などが備わっています。

好みの画質や音質は人それぞれなので、一概に「高画質・高音質で再生できる」とは言えませんが、違いが分かる人には分かる?かもしれません。
(私はよく分かりませんが(^^;)

公式サイトに「TrueTheater」の違いがよく分かる下のような画像があるので、ちょっと見てみると良いでしょう。

TrueTheaterの違い(CyberLink公式)

↑公式サイト上では白いバーを自分で動かせるので、グリグリ動かして違いを実感してみましょう。

下の紹介動画でも(英語ですが)画質の違いが分かりますよ。

Introducing PowerDVD 21 – The Most Versatile Blu-ray, 8K and 4K HDR10 Media Player

ピン留めした動画はどこに保存される?サイズは?

オフライン再生ができるということは、PCのどこかに動画データを保存しているワケですが、ちょっと気になったので以下の事を調べてみました。

  • 格納場所
  • ファイルサイズ

まず、デフォルト設定の格納場所については以下の通り。

C:\ユーザー\AppData\Local\CyberLink\PowerDVD20\Caches\PowerDVD20Cache\TempPV

ピン留め動画の格納場所

↑上記フォルダ内に、YouTubeの動画IDごとにフォルダ分けされた状態で保存されます。
(一応動画IDを隠してあります)

で、各フォルダをクリックすると…

ピン留め動画の格納場所(2)

↑ピン留めした動画は、MP4ファイルとして保存されているようですね。

ちなみに、ここでダブルクリックをしても、PowerDVDが起動して動画再生ができます。

動画サイズについては、今回約10分の動画(上の画像)をピン留めしたところ、約300MBでした。

10分で300MBですから、けっこう容量は小さくて済みますね。

買う前に注意しておきたい3つの事項

ピン留めはとても素晴らしい機能ですが、以下のように、ちょっと注意しておきたい事もあります。

注意
  • ピン留めできない動画もある
  • ダウンロードとはちょっと違う
  • YouTube動画が削除されると、ピン留めした動画も再生できなくなる

ピン留めできない動画もある

離反した4本の画鋲の写真素材

私自身もPowerDVDを買ってから知ったのですが、YouTubeなら何でもかんでもピン留めできるのかというと、そうでもないらしいです。

全て検証したワケではありませんが、18歳以上を対象とした動画の場合、ピン留めができないようです。

ピン留めできない動画

上のような動画の場合、ピン留めだけでなく、そもそもPowerDVDからの再生もできないようです(^^;

再生できない警告

↑このように、YouTubeへのリンクが記載されているポップアップが表示されます。

動画が18歳以上などの年齢制限がある場合は、YouTubeの概要欄に書かれているので確認しておきましょう。

YouTube概要欄(年齢制限(YouTube)

「残念!」

という声が聞こえてきそうですが、こればかりはYouTubeの規約が変わらない限りどうしようもなさそうですね。

あきらめてYouTube上で観ましょう。

ダウンロードとはちょっと違う

違法ダウンロードのイラスト

「PCに動画が保存されるなら、それってダウンロードしてるってこと?いいの?」

と、私も疑問に思っていました。

が、どうやらダウンロードをしているワケではないようです。

YouTube動画が削除されると、ピン留めした動画も再生できなくなる

というのも、ちょっと気になったので以下の実験をしてみたんですね。

  1. 私が作った、公開されている動画をピン留めする
  2. その動画を非公開に設定し直す
  3. ピン留めした動画が再生できるか、試す

もし単純にダウンロードをしている場合、YouTube上で動画が削除されても、自分のPCからその動画を再生できてしまう、という事態になりますよね。

それって絶対ヤバいじゃないですか。

なので、まさかと思い上記の実験をしてみたところ、無事に再生できませんでした\(^o^)/

再生できない警告(自動画)
↑この動画は私が作ったものなので、URL等は隠していません。

よく分かりませんが、ピン留め動画を再生する際もYouTubeにアクセスしてるんでしょうね。たぶん。

というか、そもそもYouTubeのダウンロードは制限されているので、やっちゃダメなんですけどね。

ちなみに「YouTube ダウンロード」とかで検索すると、ヤバめなサイトがたくさん出てきますが、もちろん手を出さない方が賢明です。

今やIPアドレスを辿って訴訟を起こされてしまう時代です。

相手がGoogleさんなら、なおのこと何もしない方が良いですよ。
下手したら動画をアップした人からも訴えられるかもしれないのでね。

違法ダウンロード、ダメ、絶対!

今買うならPowerDVD21がおすすめ

いくつかの制限はあるものの、ピン留めは個人的に素晴らしい機能だと思いますよ。

広告が出ないというだけでも、利用する価値は充分にあります。

15秒の広告を10回観ると、それだけで2分30秒もの時間を取られますからね。

また、Windows標準搭載の「映画&テレビ」とかいうアプリと違って、普通に動画プレイヤーとして優秀なんですよ。

特に気に入っている点は以下の通りです。

  • 早送り・巻き戻しができる
  • コマ送り・コマ戻しができる
  • 倍速再生ができる(2倍まで)
  • ブックマークを作れる(好きなシーンに一気に飛べる)
  • YouTubeのように、再生バーにカーソルを合わせればそのシーンのサムネイルが表示される
  • 回転やズームなど自由自在

そんなPowerDVD、今買うなら最新の「21」がおすすめです。

というか、よほどの理由がない限り最新版を買いましょう。困ることはまずありません。

ちなみに私は「20」を買ったのですが、何とその2,3日後に「21」が発売されました\(^o^)/

ちょっと後悔したものの、あまり機能に違いはないので良しとします!

UltraやProの違い

PowerDVDには以下4つのタイプが存在し、それぞれ機能に違いがあります。

  • Standard
    1番安価なタイプブルーレイは再生できない。YouTubeのピン留めもできない。
  • Pro
    1番コスパが良い(と思う)タイプ。私が買ったのもコレ。
  • Ultra
    ⇒4Kや8K、VRなどありとあらゆる機能が使える全部入りタイプ。迷ったらコレが良いかも。
  • 365
    月額料金制のサブスクタイプ。機能はUltimateと同じ。CyberLink公式サイトからのみ購入可能。

詳しくは、公式サイトに比較表があるのでそちらも参考にしてみてください。

とはいえ、おそらくほとんどの人がProUltraを選ぶと思うので、両者の主な機能を比較してみました。

  Pro Ultra
ブルーレイ再生
クラウド機能 ×
TVモード ×
YouTubeの
360度動画再生
×
YouTubeの
4K動画再生
YouTubeの
8K動画再生
×
YouTube動画
のピン留め

↑今回紹介したYouTubeのピン留めは両方でき、もちろんブルーレイも再生できます。

私の場合は4Kや8Kは必要ないかなーと思ってProにしましたが、もちろん高スペックなPCを持っている人は、Ultimateを検討する価値は大いにあります。

ただ、当然Proの方は価格が安いので、そこら辺はお財布と相談してみてくださいね。

アップグレード&乗換え版の条件は?

パッケージ版のProとUltraについては、通常版のほかに「アップグレード&乗換え版」というものが発売されています。

こちらは通常版より安くてお得なのですが、サイバーリンク製品や他社の動画再生ソフトを所有していることが条件になっています。

【パッケージ製品の アップグレード & 乗換え版 の購入対象者】

すでにサイバーリンク製品のいずれか、もしくは他社製動画再生ソフトウェアをお持ちであれば、どなたでも購入できる乗換え&アップグレードパッケージです。

全てのサイバーリンクパッケージ製品、もしくは OEM 製品付属のサイバーリンクソフトウエア、またはソースネクスト PowerDVD Expert、および他社製の動画再生ソフトウェア(コーレル WinDVD、ソースネクスト Enjoy DVD、Enjoy Blu-ray など)をお持ちの方が対象となります。

※OS 付属の Media Player や、フリーソフトウエア体験版などは対象外です。

CyberLink公式

私はPCに初めからインストールされていたPowerDVD12があったので「アップグレード&乗換え版」を買いましたが、なんか他社の再生ソフトでも大丈夫らしいですw

価格.comの口コミ情報によると、動画編集ソフト「PowerDirector」を持っている状態でも大丈夫だったそうです。

箱入り(パッケージ)の乗換え・アップグレード版を購入しましたが、条件としてVerの新旧関係無くサイバーリンク社製ソフト(PowerDirectorなど)を利用していると大丈夫ですよ。

私のワークステーションには、別メーカーの有料動画編集ソフトをインストールしていたことから、予備にPowerDirector18 Ultra(乗換え・アップグレード版)をインストール。

その後、PowerDVD20 Ultra(乗換え・アップグレード版)をインストールしました。

価格.com

ということは、ほとんどの人が条件を満たすハズなので、よほどのことがない限り、この「アップグレード&乗換え版」を買った方が良いでしょう。

ただし上に書いてある通り、WindowsのMedia Playerや無料の体験版などは対象外になるので注意です。

まとめ

  • PowerDVDは、YouTube動画を保存できる機能がある
やり方
  • 保存したい動画を「ピン留め」するだけ
メリット
  • 広告が出ない
  • 回線速度に左右されず、高速にアクセスできる
  • PowerDVDの各種機能(コマ送りなど)が使えるようになる
  • PowerDVDの映像・音声設定(TrueTheaterなど)で視聴できる
注意点
  • ピン留めできない動画もある
  • ダウンロードとはちょっと違う
  • YouTube動画が削除されると、ピン留めした動画も再生できなくなる

  • PowerDVDには4つのタイプが存在するので、目的に合わせて選ぼう
  • 「アップグレード&乗換え版」の条件は緩めなので、まずはこちらを検討してみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました